ヘアアレンジも何パターンか

美容においてはヘアスタイルも重要な位置を占めています。どれだけ肌の美容に努めていたり、ファッションなどを極めたとしても、ヘアスタイルが合致していない場合には、違和感があり変な印象を与えてしまいます。ですから、ヘアスタイルには気を付けておく必要がありますし、ヘアアレンジのパターンもいくつか用意しておくのがよいでしょう。単調なスタイルでは印象が薄いですし、ファッションやイベントによってもヘアアレンジを利かせていかないといけない場面もあります。ですから、美容においてヘアアレンジのパターンは5種類くらいは用意しておくとよいでしょう。アレンジするといっても、美容室などでしっかり整えなければならないのではなく、家庭でもできるような簡単なアレンジがたくさんあります。まず、最も一般的なのがポニーテールでしょう。これは単純なヘアスタイルなのですが、意外と難しかったりします。コツとしては、あごの先端と耳の端のラインを意識して結ぶことです。このラインを意識することで簡単に結ぶことができます。ポニーテールは、結ぶ位置で印象が変化することもあるので、どの位置で結ぶかもしっかりと考えてやっておくとよいでしょう。2つ目は、お団子ヘアです。かわいらしい印象を与えることができるヘアスタイルでしょう。お団子ヘアはポニーテールの延長線上にあるヘアスタイルなので、ポニーテールがきれいに作れないとお団子ヘアもうまくいきません。コツとしては、テールの毛先をふんわりとねじり時に、ヘアピンなどで何か所か止めておくとお団子が作りやすくなります。後ろ髪のアレンジも忘れてはいけません。後ろ髪は、ロングヘアの方の場合には、どのように処理するかによって印象が変化します。清楚な印象を与えたいのであれば、サイドにボリュームをあまり持たせずに、後ろ髪のシルエットを強調します。逆に、キュートな印象を与えたいのであれば、ボリュームを多少増やしつつ、後ろ髪を強調するのではなく顔の周りにその髪を巻くことで、小顔効果も期待でき、一石二鳥です。

その日の気分で変える習慣

いつも同じ髪型にしていると新鮮味が無くなってしまいます。ヘアアレンジをするような時間もないということもあり、毎日同じ髪型になってしまっているという人も多いです。新たな髪型にしても似合うのかどうかが不安という人もいますが・・・
 → 詳細はこちら

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP